人気ブログランキング | 話題のタグを見る

成長の秘訣

「ああ、またやっちゃった・・・」
「自分は、何でいつもこうなんだろう・・・」

同じ失敗を繰り返す。
自分が不甲斐ないですよね。
私も、定期・不定期に失敗を繰り返しております。
ハアー。

あるいは、自分の成長が全く実感出来ないとき。
ほとほと、自分がイヤになりますよね。

まあ、しゃあネー。
ハイハイ、わかっとりやす。いちいち言われんでも。
やりゃー、いいんでしょ。やりゃー。
どっこらショっと。エッチラホイと。


ボヤキはこの程度にして、最近「加速学習」という分野があることを知りました。
今回はこの知識を拝借したいと思います。

加速学習の教えるところによれば、ある領域での成長を
加速させるためには、実際にその領域ですでに抜群の
結果を出している人のことをマネることが大切です。

これを、「モデリング」といいます。

自分が選んだ分野のトップの人から直接薫陶を受けるのが
ベストということになります。

そこで、まずは今の自分に手の届く範囲で、上級者の門を叩くのは
如何でしょうか。

しかし、そうはいっても人それぞれ色々と事情がありますし、
なかなか勇気を要する話ではあります。

自分にはあまり縁のない話かと思われる方も、いらっしゃるかも知れません。


こんな状態でいつまでもグズグズしていたくない。
一刻も早く、前に進みたい。
でも、自分がうまく前に進めるとは、どうしてもイメージ出来ない。
フラストレーションは、たまる一方だ・・・。


ちょっと、お待ちを。

確かに、既に抜群の結果を出している、卓越した人に教えを請うことは
難しいかもしれません。
でも、まだこれといった結果は出していないけれど、現在進行形で
グングン上昇気流に乗っている人に会う事は十分可能です。


え?それって誰?

その人はまだ黒帯(=既に抜群の結果を出した人)ではありません。
白帯すら付けていないですよ。
でも、上達のスピード感だけは、やたらめった速いです。


赤ん坊や、乳幼児のことですよ。


彼らは、好奇心と探究心のかたまりで、何でも面白がっています。

おぼつかない足取りであんよを始めると、フラついてこけます。
こけた場所が固くて痛ければ、ギャーギャー泣くでしょう。
でも、また歩こうとしますね。

芝生の上でこけたのなら、むしろ転倒したことを面白がっているのでは
ないでしょうか。

それに、芝生の匂いや触感って、気持ちがいいんだな。
このまま、ちょっとハイハイしてみようか。
臨機応変です。
昆虫も、見つけちゃった。
新しい発見です。

再び立ち上がって歩く時、もっと賢くバランスを取ることを
学習していきます。

彼らは、大変粘り強い。何度でも、チャレンジします。
先のことなど、考えていません。過去の失敗にもこだわっていません。
今を楽しんでいます。
個人差のことも、気にしていません。
自分のペースで進んでいきます。
結果、その子にとっての最速で歩行をマスターします。

これでお分かりのように、子供は本来学習の天才なのです。
脳組織の爆発的成長によるところも大きいのでしょうが、物事に対して
無邪気に楽しみながらトライするので、進歩が速いのです。

今この文章を読んで下さっているあなたは、もともと学習の天才だったのですよ。
生まれつき。

成長の秘訣は、童心に返ることです。
あなたは、本来のあなたを取り戻せばいいのです。


大人になったあなたは、義務や責任もあるでしょうから、
子どものようには許されないこともあるでしょう。
経験を積み視野が広がったので、物事には慎重に対処する必要が
あることも御存知です。

でも、「上手くやらなくてはいけない」と、大人の部分だけが強調されると
プレッシャーがどんどん強くなってしまいます。

サッカーのペナルティー・キック。
ゴール真正面の止まったボールを、誰のタックルも受けずに蹴りこむだけの
ことです。
これ以上はない、絶好のチャンス。
でも、名選手がはずしてしまいます。


大人の部分と、子どもの部分を統合する。
適度な緊張と、リラックスのバランス。
単なる子供返りではマズイでしょうが、せっかく持っていた遊び心という宝物を
捨て去ってしまっては、もったいないです。

ローリング・ストーンズのギタリスト、キース・リチャーズは、こう言いました。
「大変なことも、好きになってしまえば、大変ではなくなる」

世の中、一見非常に怖そうに見えて、実は案外と心配しなくても
よいことが一杯あるんですよ。


結論: 「童心に返れば、成熟するのだ。」

本日の禅問答に最後までお付き合いいただき、有難うございました。
by shin710Y | 2009-05-30 21:06 | こころの健康
<< ブルース・リーはお好き? おめでとう! >>