深いです。

今朝は、ヒマだったんです。

パラパラ、と患者さんが来られます。

次の患者さんをお待たせする心配も、ほとんどなし。

いつもなら診療時間外に書く診断書や紹介状も、
ちょっとずつ書けました。

患者さんがお見えになったら、ゆっくりと
お話しをお聞きしました。

今朝の患者さんのお話は、
深い話しが多かったです。

普段から、深い話しは多いのだと思います。
忙しくしている時は、私がそのことにあまり
気づけていないのかもしれません。

再発見がありました。

相手に対して申し訳なかったり、有難いと思っていることを、
素直に言葉に出してみることの、大切さ。

人様から見ると、何でそんなことをするの?
と思われるようなことでも、
自分にとって本当に大切なことであれば
思い切って実行する価値がある。

失ってみて、初めて自分が何を得ていたのか
見えるものがある。

親としてではなく、年上の人間として
我が子を見ていた自分に気づいたとき、
自分も子離れが出来たんだなと
わかりました、というお話し。

その他、いろいろ。

それなりのお金を払ってセミナーを受講することには
価値があることを体験していますが、
そういうところへ必ずしも出向かなくても、

今自分の目の前にいらっしゃる方、今起こっている事柄にも
素晴らしい価値があるんだな、と
しみじみ思いました。

実際の生の姿で、まざまざとありのままの
生き様を見せてくださることに、
感謝の気持ちが湧いてきてくれました。

本当に、有難うございました。
by shin710Y | 2010-02-26 19:52 | 診察風景
<< ひとつの詩 ある患者さんの意識の変遷 >>