「私は間違っていたのですか?」

夏休みもあとわずか。
宿題はすませられましたか?

ブログ更新も、ふと気づくと1ヶ月半も
していませんでした。
夏休みが終わる前に、1回は更新しておきます。

今回の内容は、自己嫌悪に陥った時に思い出して
いただくためのものです。
特に目新しい内容ではありませんが、大切なことは
繰り返しお伝えしたほうがよろしいかと思いまして、
掲載します。
お役に立てれば幸いです。

何か失敗をしたり、あとから考えたら自分はなんと
愚かだったのかと落ち込むことはありますよね。

そんな時、次のように考えてみるのは如何でしょうか。


あなたは、別に間違っていたというわけでもないでしょう。
その時点では、ベストの選択をされたと思います。

ただ、そのことを通じて経験を積み、今は少し進化したのです。
間違っていたと言うよりは、今よりも古かったのです。

古いのが好きな人もいます。
クラシックカーみたいなものですね。往年の名車です。
わざわざ高いお金を出して買う人もいるくらいです。
改良してみたくなったら、少しずつ改良してゆきましょう。

あの時は、ああするしかなかったんだ。
あれで、精一杯だったんだ。


以上です。

でも、自分を許すことは、甘えなのではないか?
後ろ向きなことではないのか?

ここで、あなたは、何を望んでいるのでしょうか?
望む結果は、どのようなものでしょうか?

前向きになりたいのか、後ろ向きになりたいのか?
ずっと落ち込んでいたいのか、それとも
少しでも気分を軽くしたいのか。

自分を裁くと、元気が出てきますか?
どこまでも裁き通せばいいのでしょうか?
自分で自分の感情を虐待すれば、気分がスッキリするでしょうか。

自分の感情を大切に扱ってみては如何でしょう。

自分の感情を誰かに打ち明けて、
気持ちを大切に扱ってもらえた時と、
気持ちを否定されて裁かれた時と、
どちらがあなたの気分はスッキリしますか?

おそらく、気持ちを大切に扱ってもらえたときでしょう。
多分。

であるならば、平素から自分の感情を大切にすることを
習慣づけてゆきましょう。

感情は、ナチュラルに感じ取ります。
そのほうが、かえってスッキリします。

また、行動には良し悪しがあります。
慎むべきことは、慎みます。

急いでいる時に赤信号を今すぐ渡りたいと思うのは、
自然です。自分に共感しましょう。
でも、赤信号を渡ってはいけません。
それは、危険ですしルール違反です。
それに、赤信号を渡りたくない気持ちだって、あるでしょう?

感情を、まずナチュラルに感じ取って大切に扱います。
そうすることで、いずれスッキリとしてきます。

すると、冷静になってきて視野が広がります。
違った角度から物事を眺めたり、感謝すべきことを思い出したりします。

そして、冷静に行動します。

大変不思議なことに、感情は大切に扱ったほうが
感情的になることが減ります。

これは、なかなか難しいことかもしれません。
でも、少しずつ練習してゆけば、少しずつ上達してゆけると
思います。
私も感情の扱いには散々苦労してきましたし、ずっと疑問を
持っていましたが、今分かる範囲のことをお伝えしています。

今後とも、よろしくお願いします。
[PR]
by shin710Y | 2011-08-29 13:53 | こころの健康
<< 究極の認知療法 相手に振り回されるのが嫌な人へ >>