「調子が悪い」のは、「調子がいいしるし」かも?

人様を混乱させるタイトルになりました。
どういう意味なのか、ご説明します。

「人と自分を比べると、とても落ち込みます」
よくある悩みです。
誰しもが思うことではないでしょうか。
しかし、ちょっとこんなことも気をつけてみて下さい。

人と自分を比べて、他の人や世の中の大多数の人が
やっていることを無条件に肯定して、
他の人と競争するような形で努力しようとしているとき。

その時、他の人が目指していることと、
自分の目指していることが、もし一致していなかったら。

他の人にとっては、その人のやりたいことをやっているので、
そのことをやることによってその人は
幸せになれるかもしれません。

でも、自分自身にとっては、
本当にやりたいことではなかったとしたら。

やり続けていると、フラストレーションがたまる一方に
なるでしょう。
成功すればするほど、いやなことをどんどんやらなければ
ならなくなるので、憂うつになってゆくかもしれません。

このとき、「憂うつになってしまった」という現象は、
調子が悪いことを意味しているのでしょうか?

自分の意図した目的地と違う場所へ突っ走っている時、
不安になるのは「調子が悪い」ことなのでしょうか。

飛行機の進行方向が目的地からずれている時、
警告ランプが作動してパイロットに軌道修正を迫る時、
その飛行機は「調子が悪い」のでしょうか。
故障しているのでしょうか。

違いますよね。

警告ランプがきちんと作動することは、飛行機が正常であり、
きちんと整備されていることを表しているでしょう。
警告ランプがつけば、調子がよいのです。

ではあなたにとっての警告ランプとは何なのでしょうか。
それは、あなたの「感情」です。

何か、いやーな気分がする。
それが、「注意ランプ」「警告ランプ」です。

そっちの方向は、
あなたの行くべき方向ではないかもしれませんよ。
あなたらしさを発揮出来ない場所に
行こうとしているかもしれませんよ。
人の真似をするだけの、自分らしくないこと
をやろうとしているかもしれませんよ。

こういうことを意味している可能性が、あるということです。
他にも可能性はあります。
単に、面倒くさいと思っているだけかもしれませんが・・・

とにかく、感情は何かのメッセージだと思ってみて下さい。

もちろん、苦しくても乗り越えてゆくべきことが
人生にはあるでしょう。
どのようなことにも、前向きに対処してゆけることは
素晴らしいことです。

ただ、同じ頑張るのなら、賢く頑張るほうが
望ましいです。

自分のタイプやキャラ、趣向をよく理解してみることです。
理屈で考えるばかりでは、選択肢が減ってしまいます。
頑張る価値のあることを、頑張りましょう。

全く自分に向いていないことを精一杯頑張ったとしても、
もともと自分に向いていないことなのですから、
上手く行けば行くほど自分を否定してしまう結果になりませんか。
そして、自分を潰してしまう。

頑張ったお陰で安定感や安心を手に入れることが出来ると思いきや、
かえって一番不安定な状態に陥ってしまう。

それよりは、自分の良さを生かしてゆきましょう。

灯台下暗し。
自分の良さは、案外と自分では気づけないものです。
それを探してゆきましょう。

考えを整理する時の一助になれば幸いです。
[PR]
by shin710Y | 2011-10-27 19:25 | こころの健康
<< 診療にあたってのお願い 究極の認知療法 >>