人気ブログランキング | 話題のタグを見る

適材適所

今の仕事が、どうも自分に合っていないような。
正職員でも、パートさんでも、バイトの方でも、よくある悩みです。

私自身は、基本的には今目の前にある仕事を丁寧に
やってゆくのが一番だとは思っています。

今の課題に取り組んでゆくのが、一番の学習体験に
なると思います。
コツコツと努力を継続すれば、だんだんと芽が出てくることも
あるでしょうし、あとで生きてくることもあります。

しかし、どうにもこの仕事や職場が合わないという場合も
あるでしょう。

周りに自分の考えをぶつけてみて、アドバイスもいただいて、
最後に「自分は何を本当にしたいのか」ともう一度自分の心に
問いかけてみられては如何でしょう。

実際に、転職をしてみて「水を得た魚」のように生き生きと
されている方もいらっしゃいます。
自分の持ち味を発揮できると充実感があるものです。

私はこの仕事しかしたことのない人間で、就職のご相談に
応じられる力量などございません。
ただ、人生の方向性をどう描くかで、随分人は変わるものだなと
感慨深く思っております。

「自分が何をしたいのかわからないし、何にも出来ないと思う」と
悩んでいらっしゃる方も実は多いようです。
非常に深刻な悩みで、想像を絶する無力感があります。

救いがあるとすれば、それでも何とか歩き出された方が
存在しているという事実です。
そういった方から、希望をいただけることは本当に有難いことです。

拙文を最後までお読みくださいまして、有難うございました。
by shin710Y | 2008-10-27 20:04 | 日記
<< 落ち込んだ時に、どうすればいいか? どん詰まりからの数学的脱出 >>