<   2008年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

初診をお考えの方へ

当院は、8月1日から終日予約制となります。

1日に1~2名のかたに初診受付していただけるよう、
予約枠を設けております。

午前 and/or 午後にお一人ずつ、初めての方に
対応させていただくことが可能かと考えております。

お電話にてお気軽にお問い合わせ下さい。

・ご予約のお電話は、診療時間内にお願い致します。

・可能でしたら、予診表にあらかじめ必要事項を記入していただいた上で
 御来院ください。診察時間を短縮させずに有効に使えます。

 このHP上の「来院時に必要なもの」ボタンをクリックされますと、予診表の
 ダウンロード画面がございます。
 プリントアウト出来ない場合は、予診表の内容をそのまま別紙に
 記入していただいても結構です。
 
・あるいは、予約時刻の20分ほど前にお越しいただき、受付で予診表に
 記載をお願いします。
[PR]
by shin710Y | 2008-07-30 10:28 | クリニックの様子

診察風景 3 自然任せ:続報

のぼせと発汗で、お困りだった方の体験談です。

夕方になったらのぼせてきて、いやな汗をかいてしまう。
しかも、そんな時は些細なことでイライラする。
毎日、こんな調子なんですヨ・・・。

そりゃ困りましたね、ということで、安定剤を処方して自律神経を
リラックスさせてみたところ、一応効果はありました。

しかし、結局薬を飲まないと、いつまでも症状は続きました。

そこで、体には何か事情があって、汗をかく必要があるのだろうと思いました。
何か見逃せない身体疾患が潜んでいるようでもありませんでしたので、
次のようにアドバイスをしてみました。

「発汗すると、老廃物や不純物が出て行きます。浄化作用があるのです。
体は悪い物を出してスッキリしたいのでしょうから、少し時間がかかっても
体の言う通りにしてみては如何でしょう。
やはり気持ちが悪かったら、これまで通り安定剤を使っても結構です。」

その方は、「そういうことなら」と開き直りました。
何枚タオルを使ってもよいので汗を出してみよう、と。

発汗する日々が当分続きましたが、とうとう異常な発汗は大体止まりました。
汗を出し切ったら、気分までスッキリしてしまったとのことです。

「はっきり言って、調子はすごくいいです」

やりましたね。

ブログには、失敗談は割愛して、いいことしか書いておりませんが、
ご参考になれば幸いです。
[PR]
by shin710Y | 2008-07-28 20:41 | 診察風景

観葉植物との交流

「観葉植物って、いいですよ」と、教えてもらいました。

植物に話かけてみたら、植物に反応があるし、つながりが感じられるそうです。
こちらが植物を育てているというだけでなく、一緒に生きている感覚でしょうね。
心が癒されます。

植物には神経がないから、心はないはずだ、というのは科学者の立場です。
理性で考えると、そういうことになるかもしれません。

しかし、人間の体の細胞一つをとっても、それぞれ知性的な存在です。
脳ミソがいちいち指示を出さなくとも、自分の役割を知っていて、機能しています。

植物にも知性がある、というのは植物を育てている多くの方々が感じていることでは
ないでしょうか。
知性があるから、あんなに見事な花が咲くのじゃないのかなア。

アメリカ・インディアンのある古老は、「岩にもこころがある。岩は、目の前で
起こったいろいろな出来事を記憶している」と話していたといいます。

ここまで来ると、ついてこれない方もいるでしょう。
構いません。
前にも書いたとおり、わたしは変人です。

理性だけで考えずに、感情が発する声に耳をすましてみるのもいいですよ、
という話でした。
[PR]
by shin710Y | 2008-07-21 12:02 | こころの健康

スイッチがONになる

自分を表現出来ない方がいました。遠慮して、相手に物が言えませんでした。
診察室でも、極端に言葉数が少ない方でした。

あるとき、長年にわたる理不尽な相手の態度に業を煮やして、どうしても自分の気持ち言わずにはおれなくなりました。正直に、思っていることを伝えました。相手はビックリしました。その頃から、少しずつ言葉数が増えていきました。

自分を表現する神経回路はもともと存在していたけれど、その方は回路のスイッチが長期間OFFになっていたようです。心の中の高まりが、そのスイッチをONにしました。今後、神経回路自体も少しずつバージョン・アップしてゆくことと思います。

そのお手伝いをさせていただけることが、幸せです。
[PR]
by shin710Y | 2008-07-14 13:58 | こころの健康