<   2009年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

マインドフルネス

うつ病その他精神疾患に対して、認知行動療法が治療上有効です。

TV報道などでも盛んに取り上げられており、ご存知の方も少しずつ増えているようです。
当院でも、簡略式ですが行なうことがあります。

この治療は、ものの見方や受け取り方を柔軟にしてバランス良くすることで、気分を改善する方法です。思考を変えることで、気分を変えるという発想です。
時間をかければ、少しずつ効果が出てくるものと思います。

改まって「認知行動療法」として取り組まなくても、私としては診察自体に認知行動療法的な要素を含ませるようにしています。
心理士さんがいらっしゃる医療機関など、本格的に取り組んでいらっしゃるところもありますが、治療を専ら医師が行なっているところでは正式な治療としてはなかなか実施出来ない実情があります。


さて、認知行動療法の専門家から、近年「マインドフルネス」という治療に関心が集まるようになってきました。
これは、もともとは東洋の瞑想法が起源になっています。
といいますか、れっきとした瞑想です。

認知行動療法では、ものごとの認識の仕方を現実的にバランス良く修正してゆくことが治療効果を生むと考えられてきました。

一方、マインドフルネスでは、認識の仕方を変えるのではなく、自分の認識の仕方に気づくことが重視されます。とくに、思考のあり方を修正しようとすることはしません。ただ、気づいてゆくだけです。

一見、単純ですが奥は非常に深いものがあります。

日本ではまだ認知度は低いのですが、欧米の医学文献にはかなり登場するようになっています。とりわけ、うつ病の再発予防に高い効果を発揮したことを示す論文があり、注目を集めるようになっているようです。

たまたま、私自身が以前から瞑想をする習慣がありまして。
ギョギョ!ですか。
ビートルズがやっていた瞑想です。
マインドフルネス瞑想法とは、また違うのですが。
変わり者ですから、このくらいのことは平気でやっちゃいます。
てなわけで、馴染みがあったために、去年の夏ごろから少しずつ当院の患者さんにマインドフルネス瞑想法の方をご紹介させていただいています。

別に、神秘的なことでも怪しいものでもありません。
マイナス思考を排除しようとしたり、ある特定の考えを無理やり注入するのではなく、ただ、あるがままに自分の感情や考えを受け入れてゆくだけです。
脳科学者の茂木健一郎さんの本にも、瞑想の良さが紹介されてましたね。

誰かにコントロールされるのではなく、より自分らしい自分になってゆく方法です。どういうバックグラウンドのある方でも、問題なく実施していただけます。
何せ、思考は修正されず、あるがままでよいのですから。
アルファ波が出て、いい感じですよ。

今のところ、評価はまちまちですが、明らかに効果のある方もぼつぼついらっしゃいます。
「うまく出来ていないような気がします」と不安を口にされる方も、その体験内容を
お聞きしますと大抵うまく取り組めている場合が多いです。
これからも、少しずつ勉強してみて、より取り組みやすいものにしてゆきたいと考えています。

いかがですか。やっぱり、私は変わり者ですかね。
B型、さそり座、左利き。これだけでも、かなりエキセントリックな人材だとは自負しています。
色んな人間がいて、いいのではないでしょうか。
では、今回はこれにて失礼します。
[PR]
by shin710Y | 2009-07-27 20:32 | こころの健康

私のカルテ

今のところ、当院では昔ながらの紙カルテを使用しています。
毎日大量の文字を書くため、段々と字の汚さに磨きが
かかってきています。

大体、医者の字は汚いことが多い。
私より、さらに字が汚い先生を少なくとも二人知っています。
多分、お互いに「あっちの方が汚い」と思っているのでしょう。
五十歩百歩です。

さて、今日はある患者さんがカルテを覗き込んで、
感心したような話し方で
「これは、速記ですか?」とお尋ねになりました。

「いや、これは普通に書いた字なんですよ」と
答えたら、患者さんは苦笑されていました。
半分、速記みたいなものですが。
悲劇的に乱れた文字になっています。

私の場合さらにややこしいことに、もともと左利きなので、
大体左の手で書いているのですが、
実は小学生の時に右手に矯正されたので、時々右手でも
書いています。
その様子を見て、驚いている方もいらっしゃいます。

「器用でいいですね」などとお褒めの言葉を頂戴するのですが、
どちらの手で書いても結局字は汚く、完全に開き直っています。

皆様にご迷惑だけはおかけしないよう、頑張ります。
[PR]
by shin710Y | 2009-07-13 19:43 | クリニックの様子

お陰様で開業5周年を迎えます

微力な私どもではございますが、皆様の暖かいご支援を賜りまして、
間もなく開業5周年を迎えさせていただくこととなりました。
心より感謝を申し上げます。
今後とも、よりよい診療と運営を目指して精進致す所存です。

本日は御礼方々、この機会に私の治療観と今後の抱負を述べさせていただきます。

(1)治療観

心の病とは、多くは人生の諸問題や、それにまつわる感情がこじれることによって生じます。

体の病気や遺伝的・体質的な問題が関係する場合もあるのですが、その場合でもやはり
人生上の問題がきっかけとなって症状が表面化する場合があります。

ひとまず薬が必要かどうかを判断して、必要に応じて薬物療法を行い症状を軽減させるように努めます。
それだけで十分な改善が得られて、治療を終了出来る場合もありますし、薬物療法がもっぱら主役となる病気や症状というものがあります。

しかし、もともとの人生の問題が病気の遠因である場合、薬がその問題を解決してくれることはありません。

自分にとって何が問題であったのかに気づき、もっと自由な新しい生き方を身につけてゆくことが理想です。

ですので、当院では精神療法を重視しております。対話を通してご一緒に問題に取り組んで行きたいと考えております。


ただし、精神療法の枠組みの中で出来ることと出来ないことがあります。

私は健康増進や脳と心、人生全般を考えることが好きですし、来院してくださる方に
同じ一人の人間として向き合いたいと考えております。
これまでも色々と診察を通じて、苦楽を共にさせていただくよう努めました。
お一人お一人に支えていただき、心から感謝しております。
有難うございます!

ただ、私の本来の役割は精神科の専門的治療を提供することですから、忙しい外来の中で
取り上げられる話題は限定せざるを得ません。

ですから、受診される前に今日は特にどういう問題が自分にとって大切か、引き続き
まとめる努力を払っていただくようお願いします。
あまり硬くなってもいけませんので、気軽に取り組んでください。

同じ診察時間でも、より有効に使いたいと思います。

診察時間は、初診の際には30分~40分程度かけます。

再診の場合は、実際のところ最近では10分~20分程度です。

これでも、大病院や都会のクリニックの実情と比較すればかなり時間をかけているものと
自負しているのですが、私としてもあっという間の勝負です。
アメリカかどこかの、映画の中のゆったりした診察風景が、本当に羨ましいです。

(注:大病院や都会の心療内科には、患者さんが殺到しているためお一人当たりの
診察時間が否応なしにコンパクトになります。待ち時間をこれ以上長くも出来ず、常に
時間に追われる診療となるわけです。)

なかには、3分で終わりの時もありますし病状に応じて30分の時もありますが、
初診の場合を除いてお一人に長時間を割くことは基本的に不可能です。

診察の補助として、このブログは今後とも更新を続けますので、是非ご覧下さい!
単なる雑談も書きますが、お付き合いいただければ幸いです。


(2)今後の抱負

唐突ですが、農業の世界では、低農薬農業・無農薬農業に対する志向が高まっております。

私は、これに例えて低薬物医療、ひいては無薬物医療を理想としております。

たしかに、現実は理想に必ずしも合致しておりません。
時には他の診療科の先生方に、処方の多さを驚かれることもあります。

しかし、今現在やっとこの処方量で状態が保てているという人に、いきなり処方を減らすと
急激な症状悪化を来たす危険がありますから、長い目で治療に当たる必要があると考えます。

思い切って薬を増やして状態を改善し、生活を軌道に乗せてから、徐々に未解決の
問題に踏み込んでゆく作戦もあります。

そして薬を必要最小限にするという意味では、すでに現在毎日2~3人は処方箋を切らずに
診察しております。
私としても、安易に薬に頼らず頑張っているつもりであります。

将来的には、心の健康管理に関する理解を深めて著述活動や健康事業を起こし、
病気の予防や健康増進に貢献できたらいいな・・・と夢見ております。

今後とも、ご支援ご鞭撻のほど何卒よろしくお願い申し上げます。
[PR]
by shin710Y | 2009-07-07 22:49 | クリニックの様子

たこ焼き

この間、たこ焼き作りに初めてチャレンジしました。

料理はまったく出来ないので、自信はありませんでしたが
やってみるとなかなか面白かったです。

失敗作がたくさん出来たので、それにソースをふりかけて
たらふく「たこ焼きもどき」を食べました。

たこ焼き板?の中で段々固まってきたたこ焼きを
千枚通しでくるっとひっくり返すコツは。

最初に、料理用油をたっぷりと板のくぼみに塗りこんで
おくことです。

まあ、何とか形にはなってゆきました。

ある人の食後の感想は
「うん。確かに、味はたこ焼きじゃね」

我と思わん人は、是非チャレンジしてみて下さい。
[PR]
by shin710Y | 2009-07-06 19:32 | 日記