<   2009年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

意外な発見

私はその方のことを、

「自分自身のことを過小評価している方だな」

と思っていました。

なぜかといいますと、

・無理難題を繰り出す相手に合わせる。

・完璧に仕事をこなそうとする。

・忙しくてしんどいのに、スケジュールを
 どんどん入れる。

このような傾向が見て取れたからです。

症状としては、
自律神経失調症状と不安症状が
両方出ていて、
公私共に一杯一杯の状況でした。

これは精神療法だけではダメだと思って、
薬も最初から使いました。

薬を使っていなかったら、もっともっと
症状はひどくなって
仕事を続けられなくなっていたかも
しれません。

さて、嬉しいことに治療が功を奏して、
一進一退はありましたが
徐々に症状が改善してゆきました。

先日、その方の努力が実を結び、
約1年間の治療を終了出来ました。

最後の診察の際、
「良くなった理由は何でしょうね」と
尋ねてみました。

その方は、快く理由を話してくださいました。

私はさらに突っ込んで、

「では、そういう風に思えるようになった
原因は何だと思われますか?」

と質問を続けました。

そして、とても意外なことを
返事してくださいました。

「結局、これが一番大きいと思うんですが、
自分のことを、過大評価していたのが
わかったんです」と。

ええ?
過小評価ではなくて、過大評価?

驚いている私に、その方が説明して
くださいました。

「要は、たかが自分、と思ったんです」

「自分がすること一つで、そんなに大したことは
起きないと思いました」

「もし自分が何かうっかりしていても、
誰かが何とかしてくれるかもしれないでしょうし」

ある朝、ふと
「何か、自分のことを、大きく考えすぎていたんだな」
と思いついたそうです。

なるほど・・・。

一見、無責任になってしまったかのごとくですが、
かえって仕事は以前より出来るようになって
おられます。

病気になる以前に比べて変わったところは、

・10割を目指さず、7割~8割位の達成率で
 次の仕事に移る。

・受身だけではなく、自分からイニシアティブを
 取って、スケジュールを立てる。

・朝早起きして、集中的に仕事をしてしまう。

・無理なことは、断る。

こういう変化が起きています。

明らかに、バージョン・アップされていて、
あやかりたいくらいです。

もちろん、これは一人の方のお話であって、
その他の方には、またその方なりの
気持ちの整理のつけ方があろうかと
思います。

診察では色々な発見があって、interestingです。

今日はもう、10月30日というのに、
午後はクーラーをつけました。
うちは、午後になると
大変日当たりがいいのです。

それでは、またの機会に・・・。
[PR]
by shin710Y | 2009-10-30 19:13 | 診察風景

休診日の過ごし方: 私の場合

時々、TV特番などで医療従事者の
勤務事情が放映されることがあります。

そこで、私のような開業医、それも
精神科開業医のはしくれという
物珍しい生物の生態に興味を
お持ちの方もいらっしゃるかと思いまして、
ご参考までにご紹介させていただきます。

当院の休診日は、水曜日と日・祝です。

日曜日は、ゆっくり出来る日が多いですが、
時々クリニックに出て来て書類作成その他の
業務をこなすことがあります。

全く仕事をしない日は、少ないかもしれません。

水曜日は、こんな感じです。

火曜日の診療を終えた後、月に2回は
精神科病院へそのまま夜間当直に行っています。

水曜日の午前8:30までの宿直です。

その後、先日はある病院から
急ぎの往診依頼を頂戴していましたので、

地域精神医療に貢献すべく(と、自画自賛)
午前中にそちらに出向き小一時間の往診。

大変感謝していただきまして、
ご機嫌で病院を後にした後、

零細企業の社長として、銀行に寄りました。

昼食の後、午後はお役所に出向きまして、
雇われ健康管理医として
うつ病の方(2名)の復職判定を行いました。

その後も、クリニックに帰って診断書作成など、
診療時間には出来ない業務をまとめてこなします。

このように結局のところ、休診日は主として
診療外業務に充てる日になります。
休診日=休みの日、ではありません。

これでも、産科や救急部等の先生方の
勤務事情に比べれば大変人間的な生活を
させていただいています。

以前のブログにも書きましたが
当直を月2回に減らせたのが一番有難いです。

それに、いつもこんな風に水曜日を
過ごしているわけではありません。

朝寝坊を満喫したり、遊んでいる時もあります。

巧妙に、息抜きをしてリフレッシュしています。

人に色々と助けてもらったり、
サポートしてもらうのも結構うまいと
自覚しています。

ちなみに、こんな休診日がありました。

火曜日の診療後、翌朝まで当直

→当直明けに専門学校の講義準備

→そのまま講義(90分)

→お昼は「ぼっけえラーメン」でラーメン一杯かきこむ

→役所に移動してメンタルヘルス講演(60分)

→引き続き役所で2名診察

→クリニックに帰って診療外業務をこなし、
 夜になりました。

ロイヤル・ストレートフラッシュで、
さすがに最後はノックアウト状態でした。

今は、休診日の各種業務を週によって
なるべく分散させるように工夫して、
賢くなっています。

10月になると、翌年2月まで毎週水曜日に
専門学校の講義を行います。

いい講義ができるかどうかは、
事前準備の度合いで決まります。
私の準備加減は、どうなんでしょうね。

講義中は、おやじギャグを極限まで連発します。

怒濤の攻め、というか。
年々、エスカレートの一途を辿っています。

仕事をしながら、ストレス解消を同時に行うわけです。

皆様には、私どもに生きがいと学びを与えていただき、
本当に感謝しております。

これまでの経験を皆様に還元出来ますよう、
工夫を重ねて行きたいと考えております。

今後とも、どうぞよろしくお願い致します。
[PR]
by shin710Y | 2009-10-13 20:31 | 日記