<   2010年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

それでも岡田監督は英雄である

いよいよW杯直前モードに入ってまいりました。

まだ少し先のことになりますが、サッカー日本代表の次期監督には
考えうる限り優秀な外国人監督を迎えたいと、個人的に思っています。

いや、やっぱり日本人でもいいかも。

正直なところ、よくまとまっていません。
失礼しました。

さて、今回のブログ・タイトルは挑戦的にしてみました。

もしあなたが、こんな状況だったらどんな気分になるか、
ちょっと想像してみて下さい。

あなたが平和に暮らしていた時、
突然大役を頼まれた。

前任者は、世界的にも評価が高く、誰もが
一目置く偉大な存在。
部下にも非常に慕われていた。

その人が、急病で倒れたので、ピンチヒッターを
是非頼まれて欲しい。

青天の霹靂。

自分から立候補したわけでもなく、
是非にと拝み倒されて、やむなく一肌脱ぐ。

責任は非常に重いです。
日本中にあなたのことは知れ渡ります。
いい結果を出せば評価されますが、
結果が悪ければ一部マスコミに散々叩かれます。

天国と地獄を行き来するジェット・コースターです。

スーパーに買い物に行っても、商店街や
繁華街、旅先、とにかくどこに行っても
注目されます。

一仕事するたびに、大勢の人達とTVカメラの前で
記者会見に応じて、自分の考えを述べる必要があります。

発言内容は、何度もTV放映され、翌日の新聞に載ります。

あまり深く考えずに不用意なことを言うと、
迅速にバッシングの嵐が巻き起こります。

仮に自分の考えがブレていなくても、周りの人達は
入れ替わり立ち代り
「この人でよかったのか?もっと他にいい人がいるんじゃないか?」
「前の人はよかった。本当に残念だ」
などとブレ続けます。

ネットの掲示板でも、酷評されます。
どこの誰だか分からない人達から、上から目線で
こき下ろされます。

試合中にも、ふとした表情がTVや写真に写されます。

評論家によっては、フルネームで呼び捨てにされます。
監督業を一度もしたことのない人から、
「ああすべきだ、こうすべきだった」とお叱りを受けます。

試合に負ければ、品位を欠いた一部メディアから
戦争犯罪人として断罪されます。

そして、結果次第では何年たっても
「あの時代は、最悪だった」と悪夢のように語り継がられます。

・・・・・・・・・・

こうした大役を、岡田さんは引き受けてくださった。

3連敗して、日本サッカーはこの夏で終わるという
悲観主義者もいるようですが。

仮に、3連敗したって、それがどうしたというのだ。

世界の厳しさが身にしみて分かって、
いい勉強になるじゃないか。
日本人が、ハングリー精神を養う絶好の機会になるじゃないか。
課題を見つけて、創造的に解決してゆけばいいじゃないか。

本当にサッカーを愛するのなら、一から出直して、
新しい歴史を作り上げてゆけばいい。

我々は、腰抜けではない。

サッカーは、ゲームです。
楽しみましょう。
勝ち負けのあるゲームですから、
勝ち負けがあります。

良かったところ、改善すべきところ、
大いに議論するのも楽しいものです。
客観的・冷静な分析が必要です。

ただ私は、敢えて大役を引き受けた人物に対して
人格攻撃・人格否定をすることは、はしたないことだと
考えるわけです。

岡田さん、少し早いけど、これまで有難うございました。

これからはキャリアの集大成。
思う存分、選手達と暴れ回ってきてください。
[PR]
by shin710Y | 2010-05-31 21:24 | 日記

今なら間に合うW杯の楽しみ方

事前の盛り上がりに欠けている今回のサッカーW杯。

私も例外ではありませんでした。

しかし、さすがに本番まであと30日少々ともなると、
「盛り上がらなくっちゃ」、と何かが私に囁きます。

本日午後2時。
いわずと知れた代表メンバー発表がありました。

代表監督って、本当に大変な仕事です。

PTAの役員や町内会長を引き受けるだけでも、
大変だというのに。

ましてや総理大臣になんか、なるもんじゃないですよ。

話がそれましたが、代表メンバーの人選内容に、
異議がないわけではありません。

しかし、私としましては岡ちゃんについてゆく覚悟です。
今は、このメンバーで勝つ方法をひたすら
考えるしかない。

ちまたでは、3連敗の予想も多いようです。
ある意味、サッカーファンが成熟してきたということか。
現実的になり、甘い視線は送らなくなってきました。

確かに、W杯4位という名の、幸せの青い鳥は
随分と向こうのようにしか見えません。

探しに行っても、見つからないかもしれない。

しかし。

見つかるかどうかわからなくても、
それでも探しに行く。

それが、男のロマンやないかい。

さて、先のGW中に、残された時間でW杯に向けた
心の準備をするための格好の本を読みました。

すでに一読された方もいらっしゃるかと思いますが、
ジャパン前監督のイビチャ・オシム氏による
「考えよ!」---なぜ日本人はリスクを冒さないのか---
(角川oneテーマ21)です。

印象的だったのは、オシム氏はやはり
ジェントルマンだな、ということです。

日本国、日本人、岡田監督、全てに対して
敬意が示されています。

また、サッカーに必要な心構えとして、オシム氏は
たびたび「リスペクト」という言葉を使います。

自分たちには「何ができて、何ができないか」。
もしくは相手は「何ができて、何ができないか」。
それらを冷静に、客観的に分析することが必要なのだ。
それこそが、真のリスペクトである。
                   (本書36ページ)

さすが、オシム教授の言葉は違います。

リスペクト=re-spect=再び、見る。振り返る。

深いです。

W杯で盛り上がってみたい方、もしご興味がありましたら
是非この本を手にとってみてください。
[PR]
by shin710Y | 2010-05-10 21:14 | 日記