<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

岡田監督はついに聖者の域に到達した

昨夜の某・定例会議。
どうしたわけか、空席がパラパラと目立っていました。

司会進行役の方がおっしゃるには
「明日、早起きをするため、ご欠席の方が多いようです。
がんばれ、ニッポン!」

会議を普段より早く終了してくださったお陰もありまして、
私も今朝午前3時に早起き出来ました。

運命の決戦(日本 vs デンマーク)を見ることが出来たのです。

しらけた下馬評を覆して、
岡田ジャパンは歴史的快挙を成し遂げました。
3連敗どころか、2勝1敗の堂々たる2位通過です。

マラドーナ監督は、W杯前にメディアが
アルゼンチン・チームを酷評していたものの、
3連勝で決勝トーナメントに進出したことを踏まえて、

「メディアは謝罪すべきだ」と主張しています。

彼やアルゼンチン・チームを断罪していた
マスコミは、その報道姿勢を考え直したほうが
いいのではないでしょうか。

そして、岡ちゃんはあれだけ言いたい放題に
批判されていたにも関わらず、
誰も非難していません。

自分を侮辱した無数の人々を、追求しない。

まさに、日本社会の光か。

あっぱれ。

突拍子もありませんが、マイケル・ジャクソンも
金目当てで卑劣な言いがかりをつけて訴えてきた相手を、
名誉毀損で追求することはありませんでした。

これを、偉業と呼ばずして、何と呼ぶ。

岡ちゃんも、マイケルも、対立を超越してみせた。

現代の、奇蹟。

さて、日本は決勝トーナメントに進出するわ、
参院選もスタートするわで、
何かすごい雰囲気になってきました。

政治家の皆様。
日本をよくしたいという想いは伝わっては来ます。

各党は、日本を良くするための方法論で
意見が異なっております。

ですが、本当に日本を良くすることが目的ならば、

「結局は自分の党が正しい。他の党は間違っている」と
相手を非難することだけに終始して欲しくないと
私は考えております。

お互いの意見が違っているのは構わないと思うのですが、
日本を良くしたいという想いでは一致しているのなら、
もう少し相手に敬意を払っていただけないでしょうか。

「癒す」という意味の “heal” という言葉は、
「全体」をあらわす “whole” が語源だそうです。

日本を癒すことは、日本の一体感を高めることだと
私は理解しております。

自他の違いを強調してバラバラになってゆくのではなく、
あくまでも自分の意見はしっかりと述べて、
あとは民意を問う。

ベストを尽くして、あとはお天道様にお任せで
いいのではないでしょうか。

対立陣営がお互いを非難しあう姿を、
子供たちにあまり見せたくないのです。

大人になりたくないと、思う子供が
出てくるでしょう。

教育上、非常に悪いのではないかと
思えるのです。

政治のことはよくわかりませんが、
政治に無関心でいることは出来ても、
無関係でいることは出来ないと、
どこかの市議さんが言っていました。

段々と話がまとまらなくなってきました。

朝早くから本田の無回転シュートを
うっとりと見ていたためか、
私の頭も次第に無回転になってきたようです。

皆様、今夜はいい子をして早く寝ましょう。
おやすみなさい。
[PR]
by shin710Y | 2010-06-25 19:50 | 日記

サッカー日本代表から学ぶうつ病の克服法

祝・W杯開幕!
このところブログの内容が何でもかんでも
サッカーのことになっています。
内容が非常に偏っていることをご容赦下さい。

さて、我が家は朝日新聞を現在とっているのですが、
朝日新聞もたまにいいことを書いてくれます。

6月3日付けのスポーツ欄に、
「21世紀のサムライ論
第4部 日本の『力』を問う①」
というコラムが載っていました。

タイトルは、

「がんばってくれた」けれど

サブタイトルは、

「どう動くか 問われる工夫」

です。

以下、内容の一部に私なりの大幅な編集を
加えて抜粋します。
編集委員の忠鉢信一さん、有難う。

************************
元日本監督のトルシエ氏は

「いつでも100%の力を出して『がんばる』という
美徳が日本にはある。

そこに、欧州のような駆け引きで試合の流れを変え、
効率的にプレーしようという発想が加われば
日本は必ず強くなる」

トルシエは4年間、日本代表を強化した。

「がんばるという感情ではなく、戦術や戦略に
焦点を当てるためのアプローチ。

100%の気持ちや体力を必ずしも出さなくていいと
わかると、時間とスペースとエネルギーを効率的に
使えた」

06~07年の日本代表監督、イビチャ・オシム氏は、
W杯に向けた強化試合として行なわれた5月30日の
イングランド戦について、こう語った。

「残り20分までは、どちらがイングランドなのか
分からないような展開だった」

「日本は勝っていたのに前後に行ったり来たりする
展開を続けた。

力をセーブするべきところをわかっていない。

それで終盤、走れなくなり、ミスで球を奪われ、
戻りが間に合わず、連続失点した」

賢くプレーしていれば逆転を防げたし、
70分で息切れすることなく、
90分でも120分でも闘えただろうという
分析だ。

岡田武史監督は、
勝敗は、どれだけ動けるかにかかるという発想。

「いかに動くか」を考える前任者たちとは隔たりがある。

カメルーンとの初戦まで、あとわずか。
日本が力で優位な立場にいるとは言えない。

力関係の克服には、「がんばり」に頼る発想ではなく、
サッカーの理屈にかなった効率的な工夫が必要だ。

これは「日本」という枠や殻を意識して破ることなのかも
しれない。

***********************

以上です。

非常に鋭い分析だと思いました。

ただ、岡田監督がまたしても批判されていますが、
強豪イングランドを相手に大善戦したことや
第2GKの川島選手を抜擢するなどして
適材適所の人選を行った功績について、
一言も言及されていない点を残念に思います。

さてこれからが本論ですが、
うつ病も次第に多種多様となり、精神科医も大いに混乱しています。

ただ、あくまで個人的見解ですが、古典的うつ病だけでなく
最近のうつ病の方も、依然としてがんばるという美徳をもっている。

そして、頼まれたことを断るのが苦手な人が多い。

サッカー日本代表から学べるアドバイスは、以下の通りです。


がんばるだけではなく、効率を考えましょう。

そのためには、何が効果的で、何が無駄なのか、
あとで振り返る時間を持ちましょう。

自分ひとりで問題点が見えてこないときは、
第3者から客観的な意見を求めましょう。

がんばるというアプローチが、途中までうまくいっても、
結果的に行き詰まりを引き起こすことがある、
ということに気づきましょう。

これまで通りのアプローチが通用しなかったのに、
また同じアプローチで解決しようとしていないか、
自分の行動バターンを見つめ直してみましょう。

それでは本日の結論です。

「がんばっているのか怠けているのかを考えることよりも、
気づくことの方が大切なのだ」

気づいた時に、私たちを縛ってきた枠や殻を
破ることが出来るのだと思います。
[PR]
by shin710Y | 2010-06-11 20:59 | こころの健康