<   2012年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

人に自分がどう思われているのか、心配

人に自分のことを良く思われているのが心配になることは、
ないですよね。
絶対にないとは言いませんが。

心配になるとしたら、普通は、
人に悪く思われているのではないか。
相手に迷惑をかけてしまったのではないか。
そのあたりが、気になると思います。

たとえ、相手がこちらに善意や好意を持っていたとしても、
こちらは、その人のことを、信じ切れていない。
その人が、自分のことを悪く思っているところがありはしないかと、
疑っているわけです。

自分は、その人のことを疑ってしまう。
しかし、その人からは、悪く思われたくない。

人間には、そういう癖があると言えましょう。

徐々に、克服出来れば、世の中が違って見えるのでしょうね。
たとえ自分は疑われても、相手のことを信じる。
こんな風になれたら、すごいですね。

ひとまず、相手の方にこちらに対する善意や好意があれば、
そのことに心を開いて、それを受け入れることが出来れば
よいでしょう。
心を閉ざしてしまわずに。

究極的に、人に対しては、どのように接すればいいのか。

相手の純粋な部分と、不純な部分を、両方見極める。

これが、本当の洞察というものではなかろうかと、思います。

精神医学の範疇を飛び越えてしまうかもしれませんが、
イエス・キリストが、聖書の通りの人だったとしたら、
まさに人を洞察する達人だったのだと思います。

キリストが誰かにだまされて、人間不信に陥ることは想像出来ません。
最後の晩餐の時にも、参加者の誰が自分をこれから裏切るのか、
キリストは全てお見通しだった。

どうやったら、あんな風になれるのでしょうかね。
純粋な観察力が必要ですね。
私たちは、随分と濁ってしまっていますからね。

例えば、私は先月倉敷の居酒屋に飲みに行きましたが、
酔っ払いすぎまして。

電車で岡山駅まで帰ってきたのに気づかずに眠っていて、
駅員さんに起こしてもらいました。
「やべえっ!」と気づいて、礼も言わずに電車を飛び降りて
一目散に帰宅しました。

あとで考えると、岡山駅止まりの電車で、良かったです。
こういうことをしていると、濁ってしまうでしょうね。

皆様も、どうぞお気をつけ下さい。
[PR]
by shin710Y | 2012-06-14 19:51 | こころの健康