<   2012年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

我が家の不思議な犬

子犬の時にうちの家族が公園で拾ってきた我が家の愛犬も、
今では16歳の老犬となりました。
現在、片道50mの散歩が精一杯で、往復10分かかります。

これまでに、3回いつの間にか家を離れてしまい、迷子になりました。
毎回、これでこの犬も終わりかと、諦めかかりました。

ところが、3回とも、すべて、大変に親切な方に保護され、
無事に帰宅しました。

1回目は、まだ元気な頃で、夜中にいつの間にか首輪が外れてしまい、
遠く離れた昔の家のすぐ近くまで行って保護されました。

ご親切な方が、交通量の多い交差点近くをウロウロしているところを
目撃してくださり、犬がわき道に入っていったため追跡し、
保護して自家用車に乗せて、ご自宅に連れ帰って世話をしてくださって
いました。

広いお庭に、他にも犬を保護しておられ、我が家の犬も2~3日
お邪魔させていただきました。
普通では、とても考えられないようなご親切なお方で、
うちの犬はどれだけラッキーな奴なんだろうと本当に感謝感激でした。

2回目は、本人(本犬)の歩行スピードが急激に衰えていた去年です。
つないでいるチェーンが夜中に変な切れ方をしたため迷子になってしまい、
外を当てもなくトボトボと歩いているところを
お若いご兄弟が発見してくださりました。

本人の歩行ペースにあわせて2時間もかけてゆっくりゆっくり
徒歩でご自宅に連れ帰ってくださった上に、
2日続けてお風呂にまで入れてくださり、
普段よりも綺麗にしてもらっていました。

迷子になったにも拘らず、またしても大変にご親切なご家庭にめぐり合え、
とても可愛がってもらえて、その時も感謝感激して、
本当に運の良い犬だと感心しました。

そして3回目は今月です。
今年は足腰の衰えが一層明らかで、認知症も始まっているのか
判断力が悪くなっています。

ザンザン降りの雨の中を小屋の中にも入らず無防備に
ビショ濡れになっていたため、家の脇に囲いを作って保護していたところ、
グッタリしてただ横になるだけで、寿命もそろそろ終わりなのではないかと
心配になるくらいでした。

ところが夜中にカミナリが鳴って怯えたのか、またもや夜中に脱走し、
今回は本当にもうダメかと半ば観念しました。

すると脚力の衰えから町内の外へは歩いてゆけておらず、
ご町内のご親切なご家庭の前でうずくまっていたところを
保護していただいておりました。3度目の歓喜感動です。

私の油断で犬を3回も迷子にしてしまいましたが、
この犬は本当に不思議な犬で、何故かご親切な方々に
3回とも保護されるという奇跡的な強運の持ち主です。

迷子にさせてしまった時は本当に心配で、落ち込むものですが、
いつも助けていただいて心から有り難く思っております。

恥をさらしているのか、自慢しているのか、
よく分からない文章になりましたが、
世の中にはご親切な方々がたくさんいらっしゃるという
明るいニュースを提供させていただこうと思い、
お粗末ながらご紹介いたしました。

お犬を飼っておられる方、もし犬が迷子になったら、
早急に警察に届けて下さい。見つかることがありますので。
[PR]
by shin710Y | 2012-07-30 19:40 | 日記