<   2014年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

健康の意味と、統合医療について

私の場合、サッカー日本代表の試合があると、
ブログを更新する元気が出る傾向があるようです。

さて、今回は、「健康」の意味について考えてみたいと
思います。

WHOによる、健康の定義によりますと、

「健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、
肉体的にも、精神的にも、スピリチュアルにも、そして社会的にも、
すべてが満たされたダイナミックな状態にあることをいいます」

もし本当にこんな人がいたら、ほとんど神様ではないかと思いますが、
個人的には、究極の健康とはこのような状態であると思っています。

定義上、健康には、四つの面があると説かれています。

①肉体的・物理的な面
②精神的な面
③スピリチュアルな面
④社会的な面

ここでは、上記①②③の3つの面に対する医療について、
その内容を考えてみます。

①物理的な面:
薬物療法、食事指導、運動療法、
睡眠や生活リズムの改善

②心理的な面:
カウンセリング、コミュニケーションの練習、
人間関係への対応など

③スピリチュアルな面:
現在、がんの治療でスピリチュアル・ケアという言葉が聞かれます。
自分の人生は、どのようなものであったのか。
人は、死ぬとどうなるのか。
生きる目的とは何か?
このような、究極の問いに向かい合うことかと、
個人的には理解しています。

医療は、最後の最後で、こうした点に行きつくと思います。

私自身は、これらの様々な面を組み合わせた、統合医療に
大変興味を持っています。
統合医療は、ホリスティック医療とも呼ばれているようです。
人間を、全体的にみていく医療です。
b0095086_1955332.jpg

この中で、お薬に関しますと、実際に当院に通院されている
患者さんの90%以上に薬を処方していますし、

治療を軌道に乗せていくために上手に薬を使うことは
大切であると考えています。

ただ、あくまでもその方の病気の特性や重症度によるのですが、
安定してきた段階で、薬以外の方法も柔軟に導入してゆきたいと
考えています。

幸い、薬以外の色々なアプローチに関する知見も、
徐々に集まってきているようです。

人間の体や脳の仕組みは、大変素晴らしいものがありますので、
それらを有効に活用し、自然治癒力を高める医療に取り組んでいきたいと
思っています。

最後に、今一度「スピリチュアル」という言葉について、述べてみます。

この言葉は、日本語にピッタリとくる表現を見つけるのが、
なかなか難しいようです。

ただ、個人的には、直訳すると、
ズバリ「霊的」「霊性」 という言葉が該当すると思います。

しかし、医師が「霊」や「魂」という言葉を使うのは、
日本では問題となる場合が多いです 。

そこで、包括的な意味合いをもたせて、
「いのち」と表現するのがいいのかもしれません。

ここでは、むしろ医療従事者ではない方の表現のほうが、
スピリチュアルという言葉の意味をイメージしやすいのではないかと思います。

スポーツ選手の例をあげたいと思います。
ご参考になれば、幸いです。

自分を子供のころから鍛えてくれた父親が、病に倒れ、他界してしまった。
生前の父は、自分の活躍を期待し、
「お前は、やれば出来る。自分を信じろ。必ず一花咲かせるんだぞ。」
と言ってくれていた。

父の言葉に勇気づけられ、必死で練習し、結果を出した。
そして、ついに栄えある立場に選ばれた。父との約束を果たした。

天国にいる父が、一番喜んでくれたと思う。
親父、ついに俺はやったぞ。本当に、有難う。

父の、子に託した想い。
その想いに応えたい気持ち。
天国から見守ってくれた父への感謝。

想いと想いが、時空を超えて、通じあう。

想いというものは、姿も形もありません。
可視化できません。
でも、確かにそこに実在している。

その、見えないものを、感じ取っていく。

スピリチュアルって、こういうことではないかと思います。
如何でしょうか。

有難うございました。
[PR]
by shin710Y | 2014-10-15 23:34 | こころの健康