<   2015年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

温熱治療と、健康法

温熱治療を、無事開始しました。
すでに、30人以上の方にご利用いただきました。
なかなか、お喜びいただけているようで、安心しております。

さて前回のブログで、温熱治療の概略をご紹介しましたが、
今回は、温熱治療の理論を独自の視点でご説明いたします。

健康になるための方法を、ごく単純に考えてみます。
以下の文章は、あくまで私の個人的考えであって、
医学的定説でもなんでもありませんので、その点を
ご了解ください。

唐突ですが、我々人間は、地球上の生物の一種です。
そこで、他の生物がどのようにして元気に過ごしているかを
観察すると、参考になることがあると思います。

植物の場合は

「太陽光 + きれいな水と空気 + いい土壌」

がそろえば、繁殖します。
これは、事実です。

むずかしい生物学理論はいりません。

ここで、太陽光=温熱パワーであり、
さらに単純化すると
「火のエネルギー」に相当します。

「火 + 水と空気 + 土 = 健康」

もっと単純化すると
「火 + 水 + 土 = 健康」

そこで、人間も同じように、上記の3要素がそろえば
元気になりやすいと考えています。

火=温熱エネルギー
水=きれいな水分
土=よい食事

当院でご提供する温熱治療は、「火」に該当します。

火の要素で、人体を温めます。

すると、細胞の中のミトコンドリアで
ATPというエネルギー分子が効率的に作られて、
エネルギーが増します。

外から火のエネルギーが注入されると、
その分だけ元気が出ます。

我々は通常食事などからエネルギーを作り出していますが、
そこへ温熱エネルギーを加えると、エネルギーの量を
増やせます。

疲労回復に、役立つことと思われます。
温泉につかると、疲れが取れますが、それと同じことです。

当院の温熱治療は「乾いたサウナ」、
あるいは「岩盤浴温泉気分」という感じです。

夏場になれば、温度を下げてご利用いただけます(夏モード)。
冬設定と夏設定とがありまして、夏は冬より
15~20度ほど下げて治療します。

夏場はついつい冷たい飲み物を飲んだりしますので、
案外と内臓が冷えて弱っている場合があります。
そこで、夏設定での温熱治療に意義が出てきます。
冷房病のかたには、なおさら有効です。

夏場でも、温泉やサウナ、銭湯に入れば、
スッキリ・サッパリするのと同じです。

さて、健康になるためには、健康的な生活習慣を維持することが
大切であることは、どなたも御存じのことでしょう。

ただ、良い健康習慣のことは知っていても、
それが実行に移せないことがあると思います。

わかってはいるのだけれど、実行するだけの元気が、
なかなか出せない。
一歩踏み出すための、とっかかりが、ない。

そこで、温熱エネルギーの力を借りて、スイッチを入れる。
外から力を頂戴して、一歩踏み出す。

こうして、あなたの健康生活を応援したいと思います。

温熱治療は、「体のケア」であると同時に、
「心のケア」にもなると思います。
体がほぐれて、ちょっと元気になれば、
心へもいい影響があるでしょう。

確かに、温熱治療を受けに行くだけの元気や労力が
必要にはなるのですが、
まずは当院に普通に受診された時など、通常の治療の後で
温熱治療を受けていただくことが可能です。

なお、食事や水は、毎日とる必要があるのと同様に、
温熱エネルギーも、頻繁に取り入れるのが理想的ではあります。
ただ、なかなかそういうわけにもいかないでしょう。

そこで、ご自宅で出来ることといえば、
入浴されることが温熱療法にもなります。
シャワー浴で済ませるのではなく、
しっかりと湯船につかることが大切です。

ついでに申し上げますと、
「火」というのは、情熱とかやる気、積極性、主体性に
つながってくると思っています。

最後に、火・水・土の他の二つの要素についても、
簡単に触れておきましょう。

水の要素=きれいな水を飲めば、いいのです。

土の要素=いいお食事をとる、ということです。

食物や水は心に大きな影響を及ぼします。
なぜなら、食べたり飲んだりするものは
すべて血液中に吸収されて循環し、
それによって神経系統が養われているからです。

色々と書きましたが、まずはできるところから、
何か1点だけでも改善できるとよいでしょう。

以上、温熱治療と健康法について、当院の考えを
ご紹介しました。
[PR]
by shin710Y | 2015-04-13 19:19 | クリニックの様子

温熱治療のご紹介

当院で4月半ばまでに、温熱治療器を
導入します。

温熱治療は、整形外科やリハビリテーション科などで
物理療法の一環として取り入れられていることがありますが、
治療器メーカーによれば心療内科では前例がないとのことです。

そこで、簡単に温熱治療のことをご紹介します。

【当院における温熱治療の位置づけ】

心療内科における通常の薬物療法と精神療法を
補う形での、補完的な治療として位置付けています。

疲れた体をケアします。

そもそも心と体は、お互いに影響しあっています。

心の緊張や不安、ストレスが、体の症状を
引き起こしている場合は多いですし、
逆に体がゆったりすると、精神的にも落ち着いてきます。

そこで、体からのアプローチとして、
温熱治療を取り入れることとしました。

【温熱治療器とは】

遠赤外線により体の深部を温めて、血管を拡張して血行を改善させます。
細胞の活性化、自律神経の調整、リラックス、新陳代謝の促進、
鎮痛作用、老廃物の排泄促進などの効果があります。
仰向けに寝た状態か、座った状態で治療を受けます。

【温熱治療の適応】

疲労感、肩こり、腰痛、背部痛、筋肉痛、冷え性、更年期障害
夏場の冷房病、動脈硬化、肥満など。

【当院の温熱治療の禁忌】

当院に来院される方で、禁忌(絶対にダメな場合)に該当にする方は
少ないと思われます。

身体的急性疾患(特に炎症性のもの)、強度の身体衰弱、結核、
慢性腎炎および委縮腎、外傷、細菌性疾患、熱性疾患、
妊婦(座浴は可)、および医師から入浴や運動を禁止されている方。

また、体内に埋め込み金属のある方(人工関節)は不可ですが、
ペースメーカーの患者さんは座浴で短時間なら対応可能です。

【よくあるご質問】

Q1 1回の治療にかかる時間はどのくらいですか?
 →7分~10分程度です。

Q2 どのような服装で治療しますか?
 →着の身着のままで大丈夫です。
  ただ、上着は脱がれたほうがよいでしょう。
  それと、衣類は自然素材のものが一番心地よいです。

Q3 汗びっしょりになりませんか?
 →湿度の制御を行なっているため、汗が出てもすぐに乾いてしまいます。

Q4 ベルトなど、体外の金属は大丈夫ですか?
 →そのままでOKです。はずす必要はありません。

Q5 遠赤外線治療で、日焼けしませんか?
 →例えば、女性でスカートの場合でも、日焼けはしません。
   どうしてもご不安なら、タオルをかけて使用すればよいでしょう。

Q6 夏場は不要なのでは?
 →夏モードで、温度を下げてご利用いただけます。
   冬モードと夏モードとがありまして、夏は冬より
   15~20度ほど下げて治療します。

   夏場は冷たい飲み物をよく飲んだりしますので、案外と
   内臓が冷えて弱っている場合があります。
   そこで、夏設定での温熱治療に意義が出てきます。
   冷房病のかたは、冬モードでもいいくらいです。

Q7 何か、健康被害の報告がありますか?
 →開発されて30年以上の歴史があり、そのような報告はありません。

Q8 保険が利きますか?
 →保険適用です。

Q9 ちなみに治療費はどのくらいですか?
 →3割負担として、通常の診療費(初診料や再診料など)に
   110円ほど加わります。
   精神療法なし、薬の処方もなしで温熱治療のみの受診ですと、
   3割負担で再診の場合、トータルで330円です。
   ただ、土曜の午後などは、再診料に時間外加算がつきます。

以上、簡単ですが温熱治療についてご紹介いたしました。
[PR]
by shin710Y | 2015-04-07 14:14 | クリニックの様子

増築が一通り終了しました。

今夜(2015.4.2)、おかげをもちまして
診療所の増築がほぼ終了しました。

残すは、温熱治療器の搬入程度です。

工事中に来院された方には
何かとご不便をおかけしましたことを
お詫びいたしますとともに、
ご容赦いただきまして誠に有難うございました。

今までと比べますと、
ざっと2倍くらいの広さになりました。

微力ではありますが、
より一層皆様のお役にたてますよう、
精進いたします。

どうぞよろしくお願い致します。
[PR]
by shin710Y | 2015-04-02 22:44 | クリニックの様子